Information

お知らせ

[製品紹介]バンドバックルとは

電線を固定する際に使用する金属製フープバンドとバックルについて

何回かにわけて書いていこうと思います。

 

<今回>

  • バンドバックルとは、種類の紹介

<今後更新予定>

  • フープバンドとは、種類の紹介

  • バックルとフープバンドの組み合わせ

  • バックルとフープバンドの組み合わせての使い方

  • 組み合わせての際の使用道具

 

バンドバックルとは

製品紹介ページ

 

略称記号で、BBと記載されることもあります

B(バンド)B(バックル)です。簡単なのですが、初めて聞くと「?」となりますよね。

 

バックルの種類は以下の物があります。

 

D型バックル

呼び名通り、D型の形をしています。

それ以外の呼び名、「RB型」とも呼ばれます。

製作材質・・・鉄(メッキ付)製、ステンレスSUS304製の2種類です。

 

NO.01/NO.02形バックル 爪なしタイプ

よく問い合わせの際に、0は不要だと思われて省略されてしまいますが

実は「0」も重要な意味を持っています。

「0」・・・爪ナシ の意味です。

長方形状の形状をしています。

「0」が無いと、後述の異なるバックルになってしまいます。

初心者泣かせの型式です。

 

製作材質・・・鉄(メッキ付)製、ステンレスSUS304製の2種類です。

 

 

 

No.1、No.2、No.3、No.4形バックル 爪付タイプ

今度は「0」が無いタイプです

写真の通り、爪が生えています。

フープバンドを通した後に、爪を曲げて押さえる構造です。

 

製作材質・・・鉄(メッキ付)製、ステンレスSUS304製の2種類です。

 

 

 

以上の7種類があります。

用途や電線を締付けるための強さ、工事のしやすさで、

各造船所で使い分けられ、工事者のやりやすさで使い分けられています。

 

次回は

「フープバンドとは、種類の紹介」について更新予定です

 

ご不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォーム

 

 

大阪電機工業株式会社

OSAKA ELECTRIC IND. CO.,LTD.

 

お知らせ

舶用貫通金物(通称防水グランド)の特殊品製作例

グランドに関してのお問い合わせを多く頂きます。

・A形、C形タイプ(A15、A20/C15,C20など基本的なサイズ品)を探している

・JIS F 8801準拠の製品の取り扱い有無

・JIS F 8802準拠の製品 S形グランド、D形グランドの取り扱い有無

・防衛省規格のCGCタイプ、CGDタイプ、CGBタイプ 各種

などお問い合わせを頂くケースが非常に増えております。

 

いずれも弊社で製作、販売、取扱いをしています。

 

JIS F規格、NDS F規格に準拠している製品なので、他社の寸法と一致しており互換性があります。

鉄・真鍮・ステンレス・アルミニウムなど様々な材料での製作に対応しているのは弊社の特徴でもあります。

 

また、規格通りの寸法ではないが使用上で寸法変更しての製作品、特殊品なども製作可能です。

 

例① C形グランドのL2寸法(首長さ)を長くしたもの

溶接時の面積が多く取れます

 

 

例② 異径グランド 首の部分の径と中のパッキンサイズの組み合わせが異なるもの

電線の変更時に、既に開けてしまった穴の変更をせずに、防水性能を保ったままにケーブルサイズを変更可能

 

その他、メッキの種類なども対応可能です。

鉄・・・亜鉛メッキ(白あげ)

真鍮・・・ニッケルメッキもしくはクロームメッキ

アルミ・・・アルマイト

 

上記以外にもRoHS2規制対応の真鍮材グランドも製造しています。

 

 

お探しのものが、ある方はぜひお問い合わせください。

・仕様の確認

・対応の有無

・代理店様のご紹介

・図面の提出

・各種証明書の製作対応

 

など対応いたします

 

お気軽にお問合せください

お問い合わせフォームはこちら

 

ケーブルグランドの取り扱い品ご紹介ページ

代表的なものを掲載しています

 

大阪電機工業株式会社

OSAKA ELECTRIC IND. CO.,LTD.