Information

日々の取り組み

船舶用グランドにおけるfパッキンとは?

A形貫通金物、A形グランドなどで

A15fやA20fなどのパッキン径を示す記号が「f」になっている場合の構造について解説します。

 

通常は、A15a(A15A)、A20b(A20B)などのように、パッキン径を表す記号が

「a」「b」「c」で表されるのに対して、一部のサイズは「f」という表記がされており

どういったパッキン径を示すのかとお問い合わせを頂きます。

 

 

(ちなみに、「a」「b」「c」が「A」「B」「C」となっている場合は同じ製品か?どうして小文字?などもお問い合わせがありますが、これはまた別の機会に書きたいと思います。)

 

 

fはフリー(free)の意味で、通常の「a」「b」「c」パッキンとは異なる構造をしています。

 

fパッキンは、JIS F 8801でも定められおり、○mmから△mmの仕上がり外形のケーブルに対応と幅を持たすことが出来ます。

使用するケーブルサイズが決まっていない場合などの在庫用など、柔軟に対応できます。

 

構造としては、パッキンに薄い膜がついており、使用時にカッターやドライバーなどで少し穴をあけてから
ケーブルを通して使って頂くものになります。通していく過程で穴が広がり、必要な穴サイズになります

 

以上の特徴やメリットからすると、「a」「b」「c」などのパッキンが不要では?と思われる方もいらっしゃると思いますが、
使用するケーブルが決まっている場合は「a」「b」「c」のパッキンをおすすめしています。

 

 

「f」パッキンは、若干の防水性能が落ちるためピラーパッキンやパテ材等での補強も必要になります。また強引にケーブルを通すと穴を広げすぎた・・・という問題もあります。(その場合もピラーパッキンやパテ材等を使用する事になります。)

 

それぞれメリット、デメリットがあるため、状況に応じて検討頂ければと思います。

 

 

弊社ではA15~A50のサイズ(A15f、A20f、A25f、A30f、A40f、A45f、A50f)においてfパッキンをご用意しています。

また、AMグランドやC形グランドでもfパッキンを組み合わせ使用出来ます。

 

 

具体的な対応サイズについては、お問い合わせください。

こちらのページでも簡単に紹介しています

 

 

その他ご不明な点についてもお気軽にお問い合わせください。

 

 

大阪電機工業株式会社
OSAKA ELECTRIC IND. CO.,LTD.

日々の取り組み

グランド規格外品特殊品_製作事例

大阪電機工業では船舶用電線貫通金物の製造をしております。


本製品は船舶金物、防水用グランド、ケーブルグランド様々な呼び方がありますが同じものをさすことが多いです。
歴史がある分、地域や会社毎に呼び方が変わっています。

お探しの商品が同じモノがご不明な場合は、写真や図面などで確認対応もいたします

基本的には、JIS F 8801船用電線貫通金物で、定められている規格を元に製造をしています。

ただ、
JIS F 8801の規格を元にしつつも、実際の使用する場面との兼ね合いから特殊品が求められるケースも多いです。

<特殊品製作時例1>
A形グランドにおける首の長さ(通称:L2)を長くしたタイプ


・設置する箇所の板の厚みが分厚いときに使用されます。
・ナットを使わずにネジ部のみで設置する場合も強度の兼ね合いから長いものを求められるケースもあります。

<特殊品製作事例2>
首部のネジ径と中の電線径が規格通りでない組み合わせ用の異径グランド


・修理や改造の際に従来使用して電線径から、太いものに変わった場合
・逆に細い電線径を使用する事となるが、盤側のネジを小さくできない場合

など
様々な困った、特殊事例に対応するものも製作をしています。

 

 

船舶用グランド関係でお困りの場面、お探しの商品がありましたら
お気軽にお問い合わせください

 

その他のグランドの標準品のカタログはこちら

お問い合わせはこちらから

 

 

大阪電機工業株式会社
OSAKA ELECTRIC IND. CO.,LTD.